内臓脂肪を減らす!もっとも簡単な内臓脂肪の落とし方!

内臓脂肪に悩む方にオススメなのが「防風通聖散」。政府に認められた第二類医薬品なので効果は折り紙つき。防風通聖散に含まれる生薬がお腹に働きかけ、内臓脂肪を解消します。そのため、ぽっこりお腹や健康状態に悩んでいる人に大人気の商品です。そんな防風通聖散のポイントを詳しく解説していきます。

生漢煎 防風通聖散

防風通聖散

  • ポッコリおなかが気になる方
  • 便秘を解消してスッキリしたい方
  • 内臓脂肪を解消したい方

生漢煎(しょうかんせん)の防風通聖散は、肥満と同時に便秘やむくみを解消したい方に人気の防風通聖散です。

18種類の生薬で内臓脂肪を改善します。

飲みやすい顆粒タイプなので、毎日続けるのも簡単。

漢方薬は、1日分の配合バランスが決められています。1日分丸々使っている漢方薬が「満量処方」半分の量を使っている漢方薬が「1/2処方」と呼ばれます。

生漢煎の防風通聖散は、内臓脂肪に効果的な原生薬を最大27.1g配合した「満量処方」の漢方薬です。

成分 キキョウ、サンシン、ビャクジュツ、レンギョウ、カンゾウ、ハッカ、オウゴン、ケイガイ、セッコウ、ボウフウ、ダイオウ、マオウ、トウキ、ショウキョウ、シャクヤク、カッセキ、センキュウ、硫酸ナトリウム
※硫酸ナトリウムは芒硝(ボウショウ)のことです。
 第二類医薬品
特徴 納得の満量処方。

公式サイトはこちら

 

内臓脂肪と皮下脂肪

「脂肪」には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があります。

皮下脂肪

皮膚のすぐ下につく脂肪が、皮下脂肪。主にお腹や腰、太もも、お尻などにつきやすく、洋ナシ型の肥満は皮下脂肪が原因です。

内臓脂肪

内臓脂肪とは、内臓周辺の細胞に脂肪がたまる状態です。内臓周辺に脂肪がつくため、お腹がぽっこりしてきます。

内蔵脂肪がつくと、リンゴ型の肥満になります。

内蔵型の肥満は、やせているのにお腹だけ出ている人、ダイエットのリバウンド経験者に多いなど、男女を問わずに見られます。

皮下脂肪型の肥満は見た目で太っているのが分かりますが、内臓脂肪型の肥満は見た目がスリムに見えることもあり、パッと見で判断がつかないことがあります。

隠れ肥満と呼ばれるのは、内臓脂肪型の肥満です。

内臓脂肪型の肥満には自覚症状がない場合も多く、いつのまにか糖尿病、高血圧、高脂血症になっていることがあります。

 

内臓脂肪レベルとは

内臓脂肪レベルとは、内臓脂肪の面積を数値で示したものです。たとえば内臓脂肪レベルが30であれば、内臓脂肪がおよそcm²も蓄積しているといえます。

内臓脂肪レベルの測り方

最新の体重計には「内臓脂肪レベル」を測れるものもあります。

しかし、内臓脂肪は、体脂肪の中でも、とくに生活習慣病と関係が深い脂肪です。

内臓脂肪の割合を正確に知るには、やはり病院で検査を受けるのが確実です。

病院では、CT検査により内臓脂肪レベルを測ることができ、へその位置で内臓脂肪の面積(断面積)が100cm²以上ある場合を「内臓脂肪型肥満」としています。

お腹が出てきたなと思ったら、自分の内臓脂肪に関心をもちましょう。

内臓脂肪が増える原因

内臓脂肪が増えるには、さまざまな原因があります。

最も基本的な原因は、取り込んだエネルギーが使ったエネルギーよりも多い場合です。

つまりは、食べ過ぎ。そして運動不足。

この2つが原因で、消費されなかったエネルギーが脂肪に変わり、内臓脂肪や皮下脂肪として体内に蓄えられます。

基礎代謝が高くなれば内臓脂肪は減る

基礎代謝とは、体温を保ったり、内臓を動かしたりといった、何もしなくても日々消費されているエネルギーのことです。

基礎代謝は1日の消費エネルギーの60~70%にもなるため、内臓脂肪が増えるか増えないかに密接に関わっています。

基礎代謝が高ければ、内臓脂肪もつきにくく、太りにくい体になり、基礎代謝が落ちれば太りやすくなります。

基礎代謝のピーク

基礎代謝のピークは、男性で16歳、女性で13歳頃といわれています。

個人差はありますが、その後、年齢を重ねるにつれて、基礎代謝は少しずつ減少していきます。

なぜ歳をとると基礎代謝が落ちてくるのでしょうか。その原因のひとつが、筋肉の減少です。

 

内臓脂肪型肥満

肥満は体の中の脂肪が多い状態です。

肥満といえば相撲取りを思うかもしれませんが、周防取りは体重に比例して筋肉も多いので、肥満ではありません。

2006年に、厚生労働省が40~74歳を対象に行なった調査によると、男性の半数、女性の20%が、内臓脂肪方の状態(メタボリック・シンドローム)でした。

内臓脂肪型の肥満は、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を引き起こします。

また、厚生労働省は、肥満と高血圧、高血糖、高脂血症の組み合わせが、心筋梗塞などの心疾患になる可能性を増やすと指摘しています。

心筋梗塞などの心疾患になる可能性は、内臓脂肪型肥満と高血圧、高血糖、高脂血症のどれかふたつが組み合わさると、5.8倍。内臓脂肪型肥満、高血圧、高血糖、高脂血症のすべてが組み合わさった場合、35.8倍に跳ね上がります。

このような病気を併発することが、「内臓脂肪が最も危険な脂肪」といわれる原因のひとつです。

しかし、内臓脂肪は皮下脂肪よりも減らしやすい脂肪です。

ここからは、内臓脂肪の減らし方について説明します。

内臓脂肪を運動で落とす

内臓脂肪の少ない人が病気にかかりにくいことが知られています。

内臓脂肪を増やさないためには、まずは食べすぎないことですが、適度な運動も大切です。

ウォーキング

気軽にできて、内臓脂肪を減らす効果があるうんどうは、ウォーキングです。

おすすめは、1日に8,000~10,000歩ほど歩くこと。

通勤・通学時間を利用したり、仕事の合間に散歩をするつもりで歩きましょう。

ウォーキングは「有酸素運動の王様」ともいわれ、心肺機能を高め、全身の機能を高めてくれる効果があります。

エネルギーの代謝もよくなるため、脂肪が内臓に蓄積されにくく、食べてもしっかりと消費される体になります。

ウォーキングは胃腸にもよく、便秘解消にもなります。

腹筋で内臓脂肪は落ちるのか?

適度な運動をすることで、過剰なエネルギーが筋肉などに振り分けられます。

あまり動かない人でも、1日に使うエネルギーのうち90%は筋肉で使われています。

筋肉が安静時に必要とするエネルギーの60~70%は、脂肪から賄っています。

しかし、筋肉は20代を100とすると、70代では65~70%まで減っていきます。

腹筋などの筋トレで筋肉量を増やすことで、基礎代謝を上げ、間接的に内臓脂肪を減らすことにつながります。

内臓脂肪を食事で落とす

食事で内臓脂肪を減らす前に、まずは食べたものがどうやって内臓脂肪へ変わるのかを理解しておきましょう。

タンパク質、脂質、糖質は体内でいずれも中性脂肪になりますが、タンパク質は最も脂肪になりにくい栄養素です。

そのため、糖質制限などのダイエットでも、タンパク質はいくら摂っても良いとされています。

つまり、脂肪を増やさないポイントは、脂質や糖質の摂り方にあります。

糖質の摂り方

取り込まれた糖質は、体内でブドウ糖になり、小腸から吸収されます。

この時、膵臓(すいぞう)からインスリンというホルモンが出て、ブドウ糖を血管から取り込み、肝臓や筋肉にある「グリコーゲン」に蓄えます。

しかし、グリコーゲンに取り込めないほどのブドウ糖が来た場合、内臓脂肪に取り込み、最後に皮下脂肪に蓄えられます。

糖質は、燃やせば脂肪としてたまりません。

糖質を摂る場合、自分が燃やしきれる分だけ摂っていれば、問題はありません。

とりすぎる事が、中性脂肪を高めます。

脂質の摂り方

脂質とは油のことです。

油にも色々な種類があります。

不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸を比べると、不飽和脂肪酸のほうが脂肪になりにくいのは事実ですが、その前に大事なことは、まず絶対量を減らすことです。

食物繊維

食物繊維は、内臓脂肪や皮下脂肪を減らして肥満を解消するのに欠かせません。

食物繊維は、人間の消化酵素では分解されず、腸の中を素通りするだけの食物です。

野菜など食物繊維をたくさん含んでいる食品の多くは、低カロリーのものが多く、たくさん食べても摂取エネルギーを抑えられます。

また、食物繊維は食物の消化や吸収を遅らせるため、満腹感が持続します。腹持ちがよく、食べ過ぎの抑制にもなります。

低カロリーで食べ過ぎも抑えられ、満腹感を得られるので、肥満解消にももってこいです。

しかし、食物繊維だけを食べたり、食べ過ぎることは避けましょう。

あくまで、他の栄養素とのバランスを考えることが大切です。

 

内臓脂肪を最も楽に落とす方法は「漢方薬」

 

内臓脂肪を減らす効果のある漢方

最近は、内臓脂肪を減らす効果がある漢方薬の存在が、にわかに注目されています。

では、それにはどのようなものがあるのでしょうか。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

むくみや便秘といった症状を改善するため、ダイエットにも効果があると言われています。

比較的体力がある方の服用がお勧めです。