1. 内臓脂肪サプリ
  2. 内臓脂肪を減らす方法
  3. ≫内臓脂肪を落とす!内臓脂肪が増えるとどうなるのでしょうか?

内臓脂肪を落とす!内臓脂肪が増えるとどうなるのでしょうか?

内臓脂肪と言うと身体に良くないものというイメージをお持ちの方はいませんか?実は内臓脂肪には重要な働きがあります。主に身体を動かすためのエネルギーを蓄えておいてくれるのです。ではなぜ身体に良くないイメージがついているのでしょうか?それは内臓脂肪が溜まりすぎると身体に悪影響を及ぼしかねないからなのです。健康診断などで内臓脂肪の溜まりすぎと注意された方もみえると思います。それだけ内臓脂肪の増え過ぎは良くないということです。

では、内臓脂肪が溜まっていくと身体にどんな影響を及ぼすのでしょうか?
内臓脂肪が溜まると「リンゴ型」と言われる体型になりがちです。比較的上半身に脂肪がついてきます。特にお腹まわりに脂肪がつくのが特徴です。このリンゴ型体型の人は、生活習慣病やメタボリックシンドロームになりやすいと言われています。生活習慣の中には命を脅かす恐ろしい病気もあります。ここ最近多くなっている糖尿病もそのひとつです。糖尿病とは血糖値が異常に高くなる病気です。糖尿病が進行すると視力低下や最悪の場合失明してしまいます。それだけではなく、腎臓の機能まで低下します。腎臓が機能しなくなる可能性もあり、その場合人工透析になってしまいます。

それ以外にも内臓脂肪が溜まることで、血液中の脂質が極端に高くなり、血管内にコレステロールが溜まっていき動脈硬化の原因にもなります。動脈硬化になっていても自覚症状がなく、気付かない間に血管の内壁が厚くなり、血管自体が硬くなっていきます。血液の通りが狭くなる為、血流が悪くなり血栓ができやすくなるのです。この血栓が詰まることで脳梗塞や、心筋梗塞を引き起こします。脳梗塞や心筋梗塞は命を奪いかねません。一命は取り留めても寝たきりになったり後遺症が残ってしまうこともあるのです。

内臓脂肪を落とすには

健康な身体を維持する為に溜まりすぎた内臓脂肪を減らす必要があります。どうすれば増え過ぎた内臓脂肪を減らすことができるのでしょうか?
内臓脂肪は皮下脂肪などに比べても落としやすい脂肪です。食べ過ぎれば増え、運動をすれば減っていきます。効果的に内臓脂肪を落とす為に有効なのが有酸素運動です。有酸素運動とは酸素を多く取り入れ、その酸素で脂肪を燃焼させる運動を指します。ウォーキング、水泳、エアロビクス、サイクリングなどが有酸素運動となりますので、ご自身にあった運動を取り入れましょう。少しずつでも毎日続けることが重要です。無理のない程度に有酸素運動されることをお勧めします。

まとめ

内臓脂肪は身体にとって必要不可欠なものです。ですが、内臓脂肪を溜め込むことで引き起こしてしまう病気も数多くあることがわかっています。糖尿病、動脈硬化、高脂血症などを引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高めてしまいます。生活習慣病を防ぐためにも自身の生活を見直し、食生活の改善と共に適度な運動を心がけていきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。