1. 内臓脂肪サプリ
  2. 内臓脂肪を減らす方法
  3. ≫内蔵脂肪の改善に効果が有るのはゆっくりと行う有酸素運動です

内蔵脂肪の改善に効果が有るのはゆっくりと行う有酸素運動です

男性でも女性でもご自身の体型を気にされている方が多いと思われますが、特に現代社会でも大きく取り上げげられ手ているのが「肥満」です。

特に気を付けなければならないのが内蔵脂肪と言われる、一般的には人の目に触れる事の無い脂肪ですので判りにくい脂肪ですが、この内蔵脂肪は身体のあらゆる機能に悪い影響を与える可能性が有るので、きちんとした管理とダイエット等による低減を図ってく事が大切です。

内臓脂肪が増えすぎると?

先ず内蔵脂肪が増えてしまうと次の様な身体的な症状を引き起こす可能性が有ります。

実は内蔵脂肪は付いてしまっても落としやすいと言う特性が有ります。
落としやすい脂肪は「遊離脂肪酸」として体内の血液の中に溶けだして行きます。

その結果として、血液の中に溶けだした脂肪によって高脂血症や高血圧、糖尿病、動脈硬化等の引き金になる場合が有ります。

但し、通常は血液中に溶けだした脂肪は腎臓で浄化されている為、肥満の方は積極的この内蔵脂肪を落として行く事が大切です。

しかし、次の様な方は内蔵脂肪が付きやすいので日頃から注意しておきましょう。

中性脂肪がつきやすい人の特徴

内蔵脂肪は男性の方が付きやすいと言われております。
これは男性が女性に比べて筋肉の量が多い事に起因している為で、筋肉の元になるエネルギーを蓄える事によって必然的に内蔵脂肪が多くなるとされております。

女性の場合には内蔵脂肪では無く皮下脂肪が多くなると言われておりますが、日頃の食生活や不摂生な生活によっては女性であっても内蔵脂肪が蓄積されて行きます。

又、学生時代や社会人になってもスポーツを続けていた人が、スポーツを辞めたり運動量が極端に減ってしまった場合や、ダイエットに取り組んでは見た物の長続きせずに途中であきらめてしまいそのリバウンドを経験した人、食事のリズムが不規則な人、更に皮下脂肪が多く肥満体形の人は内蔵脂肪も多くなる傾向に有ります。

とにかく内蔵脂肪は大変に付き易い脂肪であると言う事を常に考え、日頃の食生活や生活習慣を見直していく事が重要です。

内臓脂肪の落とし方

では体に付いてしまった内蔵脂肪を落として行くにはどの様にしたら良いのでしょう。
基本的には一般的にダイエットと言われている事を行う事で内蔵脂肪を落として行く事が出来ます。

しかし、ダイエットと言っても様々にその方法が有ります。

そこで最も内蔵脂肪を落とすのに効果が有るのは「有酸素運動」と言われる物です。
有酸素運動は身体に大きな負担を掛け過ぎずにゆっくりと行う事が重要です。

呼吸を行いながら行う有酸素運動は、血液中の糖質や筋肉に蓄えられているエネルギーの元であるグリコーゲンを使い、それを使って行くうちに次に血液中の遊離脂肪酸をエネルギー源として使う様に変化してきます。

この遊離脂肪酸は内蔵脂肪が血液中に溶け出した物ですので、内蔵脂肪の改善には効果が有ります。

更に有酸素運動を続けると体脂肪をエネルギーとして使う様になります。
特に内蔵脂肪は皮下脂肪に比べて体内での代謝がより活発に行われる為、内蔵脂肪の消化が進む事になって来ます。

この様に内蔵脂肪の改善には有酸素運動をとにかく継続する事が大切であると言う事になります。

内蔵脂肪が気になる方は、ご自身の都合に合わせた有酸素運動を毎日続けられる様に努力しましょう。

まとめ

まとめとして、昨今騒がれている肥満やメタボ等は、ご自身の身体の健康にとっては決して良い物では無く、放置してしまう事によって重大な病気を起こす引き金になってしまう場合が有ります。

特に内蔵脂肪は通常では人の目には付かない身体の内部の問題です。

現在もしも肥満やメタボで悩みの場合には、先ずはご自身にとって無理の無いダイエット計画を立て、取り組んで見ては如何でしょう。

勿論、継続させる事が大切ですので無理の無い計画を作る事が大切です。