1. 内臓脂肪サプリ
  2. 内臓脂肪を減らす方法
  3. ≫その生活態度が原因 中性脂肪値が高い時

その生活態度が原因 中性脂肪値が高い時

生活習慣が乱れて肥満になれば健康を害します。脂肪分も適切な量を摂取するのなら問題ないですが、摂り過ぎては毒になります。そこで問題になるのが中性脂肪です。ここでは中性脂肪値について解説していきます。

症状について

中性脂肪と言うのは血液中の脂質の一つになります。体のエネルギー源として必要になります。食事に含まれている糖質や脂質から合成されます。全身を巡りエネルギーとして使用されて必要以上の余分は脂肪細胞に蓄積されていきます。
中性脂肪の値は人間ドッグなどの血液検査で知れます。正常値を超えていたらそれは高脂血症です。肥満の人や糖質や炭水化物をたくさん摂る人は中性脂肪値が高いと言われています。

引き起こす病気について

血液中には、コレストロールや中性脂肪などの脂質が含まれます。コレストロールと中性脂肪の値のいずれか一方、もしくは両方が高い時には、高脂質症と判断されます。このうちのコレストロール値が高い時には、動脈硬化が進行していき虚血性心疾患を起こしやすく、また脳梗塞も起こりやすくなる事はよく知られています。
一方で、中性脂肪値が高いタイプの高脂血症でも、動脈硬化が加速される事が認められています。例えば、中性脂肪が多いと、通常のLDLコレストロールよりもサイズが小さいスモールLDLが多く生み出されます。

また、リポタンパク質が代謝される過程においては、その途中に生じるレムナントと呼ばれる老廃物を増加させます。高中性脂肪血症においては、これらのスモールLDLやレムナントが血管壁に付着して、動脈硬化を促進します。
さらには中性脂肪が多いとHDLコレストロールが少なくなります。HDLコレストロールは血管壁に蓄積したコレストロールを回収してくれる大事な成分であるために、それが減少してしまうと、動脈硬化を促すリスクが出てくるようになります。

対策は何ができるのか

中性脂肪値が多くなる一番多い理由は生活習慣が良くないからです。思い当たる人がいないですか?例えば、食事での過剰摂取によりエネルギーを摂り過ぎてしまう、運動をしていなければエネルギー消費が不足して高中性脂肪血症が起こります。
中性脂肪値が高いだけでは特に症状はないです。ですが、放置しておくと動脈硬化が進行して、心臓病や脳梗塞の危険性が増えていきます。早いうちに対処しておきましょう。また、今では中性脂肪に加えてコレストロール、血糖値、尿酸、血圧などの項目にも同時に異常がある人が増えています。
個々の値の異常はそれほどでもない場合にも、複数の項目に異常値に達している事は、動脈硬化を促進するリスクを抱えていると言えるのです。中性脂肪値が高いと指摘された時には、まずは食生活の見直しが必要になります。
糖質や炭水化物を摂り過ぎていないのか、脂肪の摂取は行き過ぎていないのか気を付けましょう。また、ブドウ糖や果糖などの吸収されやすい単純炭水化物の摂取が多いと、インスリンと呼ばれるホルモンが分泌され、中性脂肪の合成が促されます。

まとめ

中性脂肪値が高い時には特に生活習慣の改善が大事です。普段の自分の生活態度を思い浮かべてみてください。ドキッとした人いませんか?食事を改善したり、運動も定期的にするなど、ごくごく普通の健康生活を送る事ができるようになればいいのです。
そのうえで、有効なサプリメントも摂取していいでしょう。個人の体質において適しているサプリを選択しましょう。きっと健康を取り戻す事ができますよ。手遅れになる前に早い段階で対策をする事が重要と言えるのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。